MENU

レンタカーで借りたトラックで引越し

結婚を機に実家から車で20分のマンションに引っ越し、そのマンションから郊外(前のマンションから車で1時間弱)のマンションへ引っ越し、その郊外のマンションから新築一戸建てへ引越しと5年間で3回の引っ越しを経験しました。今考えるとよく動いたな、という感じです。

 

その間2人の子どもを授かりましたので、さらに引っ越しの作業も大変でした。私たちは、一度も引っ越し業者にお願いしていません。移動距離がそんなに長くないので何とかなると思ったことと、金銭的な余裕がなかったことが大きな理由です。

 

かかった費用は、トラックをお借りした知人へのお礼代が1回とレンタカーで借りたトラックのレンタル料金が1回です。それに加えて、郊外へ越すときには高速代がかかったくらいです。お金は節約できましたが、何といっても手間はかかりました。

 

マイカーのワゴン車と両親の車で何回も繰り返しピストン運搬を繰り返して、時間も労力も使いました。洋服はほとんど段ボールに入れたりせずにハンガーのまま積んで運んで時間短縮をはかりました。自分たちの場合は、主人が学生時代、派遣の仕事で引っ越し業者の経験が何回もあったことが引越しを業者さんに頼まずにできたキーポイントだと思います。

 

小さな物は手間と時間さえかければ誰でも運べますが、ソファや冷蔵庫、洗濯機などの大物は少ない人数で運んだり、動かすコツがあるらしいです。また、新築は特に運び入れる前の下準備をしっかりとしました。

 

例えば、壁の曲がり角や階段に段ボールをマスキングテープで貼っておいたり、どの入口からどの大物を入れ込むかを想定しておいたりしました。業者さんに頼むお引越しよりだいぶヘトヘトになりますが、それも良い思い出。時間をかけて力を合わせれば、何とかなるものだと思いました。赤ちゃん、おんぶしながら頑張りましたよ。

 

短距離引越しで安い価格の引越業者は?(TOP)